そらにわ~garden for smile

ryozone.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

幸せのお手伝い。

c0173939_07392.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・junk junk・・・・・

ブログ!ご無沙汰しておりました。

最近、新たなチャレンジを始めて、少し忙しかったのです。




今日・・・(昨日)は、夜遅くなってから、結婚式場のアクイールさんに、

もみの木(本物3m)の移動に行っておりました。

9時頃に伺ったんですが、

ちょうど披露宴が終わったところでした。

会場には、まだ緊張感と興奮が残っていて、

涼しげな表情なのは、私だけでした。

そしてすぐさま、明日行われる、アクイールのブライダルフェアーの準備に入り、

披露宴会場に、もみの木を運びいれました。

ほとんどのスタッフに手伝っていただきました。ありがとうございます。

アクイール・・・・・・みんな良い人ばかりです。

いそいそで撮影したので、うまく撮れませんでした。
c0173939_0224177.jpg

もみの木提供『はなワールド』・・・ディスプレイ『アクイール』

つくづく思いました。

幸せのお手伝いが出来る仕事って、

素晴らしいな~。・・・・。
[PR]
by ryozone | 2008-11-30 00:27

THE!植栽!

c0173939_2329081.jpg


今日は、雨だったのですが、

午前中、松江市内で、木を植えに行ってたんです。

そこで、少し驚いた事があったんです。(驚いたというか、感心した事)

お客さまのお宅で作業をしていると、

お客様自身が、木の位置、立ち(方向など)などを見ていたんです。

そこで驚きました。

奥の公園の木も意識しながら、位置をきめておられたんです。

これは、造園の技法で、借景と言うのです。

最近、センスの良いお客様がたくさんおられます。

プロもタジタジでございます。・・・なんか少し嬉しかった。

そして、相談はされたんですが、

99%お客様の考えのもと作業が終了いたしました。

これから、あの庭はどーなるのか楽しみです。





c0173939_23225075.jpg


c0173939_23232546.jpg


c0173939_2323436.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・Junk
[PR]
by ryozone | 2008-11-24 23:24

白鳥!いつの間に!

c0173939_0473140.jpg


いつの間にやら、白鳥が飛来してるではありませんか!

この子達はどこを寝床としているのでしょうか?

私は、米子市彦名に住んでいるのです。

そう!

水鳥公園のすぐ近く!

早起きすると白鳥の飛んでいる姿を、真下から見れるんです。

水鳥公園の小白鳥は、確か、安来平野に行っているはず・・

松江の白鳥達は、どこを寝床にしているんだろう?



白鳥の鳴き声。

とても癒されます。

少し低い音で、透明感のある音。

コダマしているかのようなハーモニー。

これから3ヶ月、

あの音で目覚めます。
(来ているの、今日までしらなかったくせに・・・)

でも去年は、平日早起きして、水鳥公園まで、

ジョギングしていたんです。

今年は、早起きして、 く!る!ま!で撮影しに行こうかなと思っています。

・・・・・もう冬なんですね~。


c0173939_0444330.jpg

今日は、秋鹿で仕事。
[PR]
by ryozone | 2008-11-22 00:46

さっぶい!

c0173939_23562669.jpg


雪降りました。

今日予定していた仕事は、

悪天候により、延期。

明日、さらに悪天候の予報。

しかし、

強攻!

冬!大好きですから・・・。

雪を見るとテンションが上がります。

そう!

スノーボードシーズンの到来です。

もう、前みたいに跳んだり、回ったりは、

怖くてできませんが、

今年は、カメラがあります。

ゲレンデは、

男はカッコよく!女性はさらに美しく映してくれます。

今から楽しみです。


[PR]
by ryozone | 2008-11-19 23:56

photo photo

なんか風邪みたいな感じになって、

しばしお休みをいただいておりました。

なので、

写真なと・・

c0173939_23131065.jpg

モネの睡蓮(実写)

c0173939_23152120.jpg

  路

c0173939_23164473.jpg

  望

c0173939_23174367.jpg

  朝

もう元気です。

明日もはりきってやります!



しかしいい夢を見ました・・・。
[PR]
by ryozone | 2008-11-18 23:24

こんぐらっちゅれいしょん。

めでたやめでたや!!

出産ラッシュでございます。

イケメンエンジニアかつ、スノーボードチーム『滑飛』(カットビ)のメンバー、

僕の大親友!CHACHAの第2子(姫)が誕生いたしました。

そして、NOT(ノットサインワークス)の福島くんもパパになりました。(男の子)

チャチャ、正治、彩さん、かおりさん。

おめでとうございます。



そしてそして、明日。

神奈川県川崎のチッタ(ライブハウス)で、

室屋しんたろうのサードライブがあります。

スライムボール、10-Feet、 LowIQichi 出演です。

おめでとう。・・・・?



c0173939_22232728.jpg

しじみ。
[PR]
by ryozone | 2008-11-13 22:21

もみの木出荷中!!

そろそろ街がクリスマスムードに包まれるころです。

そんな中、植木屋さんは大忙しでした。

c0173939_22563389.jpg


もみの木は、よく市場の物が出回りますが、

ホントよく枯れるんです。

市場物は、産地、根の状態など信用が薄いんです。

しかし、この もみの木は、地元『山陰産』です。

絶対枯れません。

根の具合も確認済み!

今年、初めて出荷するそうです。

c0173939_2345784.jpg

広大な畑で、作っています。




今日は、平成生まれのアルバイトさんと、

花の植え替えの仕事をしていました。

夕方、曇り空が「ぱっ」と明るくなり、

七色のアーチが空を彩りました。

ちょうどその時、僕は、

「モッシュ モッシュ・・・アンダー ザ レインボー・・・」

と、鼻歌を歌っていたんです。

気持ちがよかった。

c0173939_23144035.jpg

mosh under the rainbow
[PR]
by ryozone | 2008-11-11 23:24

カミングアウト

今週、1週間は、

とんでもないスピードで過ぎて行きました。

そして、

『華と花』 写真展の反響もいろいろいただきました。

まず、僕の感想を述べますと、

もっと、プロモーションをしておけばよかった。と

反省しております。

しかし、このようなイベントを『やってみる』ことが大切だと思います。

それが、  第1歩なのだから。

次は、もっといろいろな方々に観ていただける様に考えています。

この写真展を催した、僕なりの成果、意義はと言いますと、

正直、写真のNOBくんとは、

あまり仲がよくなかったんです。(価値観的なもんだいで・・?)

しかし、彼のブログ、彼の作品を拝見するようになり、

そんなクダラナイ固定概念は少しずつなくなっていきました。

そして、以前から写真に興味があった僕は、

NOBの世界観に共感を持つようになり、

なにか一緒に出来ないか?と思い、

『華と花』

を企画しました。

このイベントの意味。

単純に、

「若いんだから、動こうぜ!!!」です。

みんなでイベントをして、

みんなで山陰を盛り上げたいです!!。

僕とNOBを再び繋げた男!

ノツ ナオツグ。
↑ブログです。

おもしろい男です。

この方も含め、

東京に居る友人達も含め、

なにか、一緒にやりたいです。

やります。
[PR]
by ryozone | 2008-11-08 00:03

photos

c0173939_2314433.jpg

サントリーフラワーズのブース


c0173939_23153093.jpg

set


c0173939_23172847.jpg

「アリエナーイ」 ブルーローズ 良い香りだった。



c0173939_23185049.jpg

set2


c0173939_23192720.jpg

2~3ヶ月楽しめるカーネ


c0173939_2321193.jpg
c0173939_23211429.jpg

[PR]
by ryozone | 2008-11-06 23:23

負ける建築

今、ニュース番組を見ていたら、

建築家 隈研吾 

の特集をやっていました。

僕の気になっていた事を、当たり前のように語ってくれました。

それは、予算のことです。

建築の世界も、予算との睨み合いのようで、



「予算が無いのなら、その枠の中で工夫して最高の物を造ればいい」


少し、もやもやした物が取れた気がした。

わざわざ運賃をかけて材料を調達しなくても、

よくよく地元を見ると、良い素材がたくさんあるんです。(安く)

デザイナー、施主様の先入観で、
(あそこにあったあの素材、和風、洋風)

そこに拘るのではなく、周囲の景観に溶け込むように。

これが一番大切なことだと思います。

あくまでも理想ですが、

この哲学を忘れないように、

感動される物を創っていこうと思います。

周囲の景観に負ける物を・・・。

c0173939_0173426.jpg

[PR]
by ryozone | 2008-11-05 00:17